一般社団法人 Personal Asset cliniQueロゴ
会員規約

会員規約

■第1条(名称)

本会は一般社団法人 PAQ(Personal Asset cliniQue)によって運営されるトータルライフサポートサービスを主に活動する一般社団法人で、略称としてPAQ(ピーエーキュー)と称します(以下、本会という)。また、本会の会員を「会員」と称します。

■第2条(目的)

本会は、証券、為替、保険、年金、税金問題、不動産投資、各種ローンなどの金融商品から、法律相談、相続問題、経営コンサル、自動車、住まい・建築・施工まで幅広い知識をもって個人資産の保護及び有効活用の支援や個人・法人事業経営の支援、営業等に有効な支援を行います。そのために、様々な分野の専門家集団を形成し、その集団の一人一人がお互い感化し合い、仕事や知識の向上を怠らず、会員からの要望に最善を尽くし解決します。

■第3条(入会資格)

本会の入会資格は原則として次の条件を満たす方とします。
1.会員の推薦を受け、本会が認めた方(個人・法人を問わない)
2.本会に入会することにより、本会の交流会やセミナーに積極的に参加される方
3.本会に入会することにより、本会を有効に活用される方
4.ネットワークビジネス(MLM)に関与していない方

■第4条(入会手続)

本会への入会を希望する個人又は法人は、入会申込書(PDF)に必要事項を記載のうえ提出し、会費の振込を条件とします。

●入会案内について:http://www.pacq.jp/admission.html

ダウンロードしていただき必要事項を記載後、以下の返送先に郵送お願いします。
※お電話でのお問い合わせにより郵送でも入会申込書をご用意させていただきます。
〒545-0053大阪市阿倍野区松崎町3-17-11 一般社団法人PAQ 事務局宛 TEL:06-6690-0211

■第5条(会費)

本会の会費は、メンバーは無料とし、エグゼクティブメンバーは月額2,890円(税込)とします。
ただし、創設初期につき2015年5月分まで890円(税込・月額)入会金無料で入会できるものとします。
また、上記会費は見直される場合があります。

■第6条(届出事項の変更)

会員は、当会に登録している内容(所属する企業や所在地、役職及び連絡先や氏名等)変更があった場合は速やかに本会の運営事務局に報告するものとします。

■第7条(会員の権利)

会員は次の権利を有します。
1. 本会主催の諸行事に参加すること
2. 本会が提供する会員へのサービスを受けること

■第8条(サービスの内容)

会員は、次のサービスを享受することができます。

上記に記載されている内容等での日常的な情報はもちろんのこと、さまざまなニーズに合わせた情報や、各会員様に合う情報をお伝えしたり、さまざまな職種に合わせたお得情報、おすすめ解決方法を会員様に向けて専門セミナーや個別相談を実地してゆく会であり日常や自分の廻りには、簡単に探せない人材(各専門分野のエキスパート)を派遣して会員様の期待や要望に応えるための会です。その他会員様のご要望にお応えして普段の生活等で起こり得る事の相談や心配事、お仕事を円滑に進めるための相談をできうる限りお応えしてゆく会です。

■第9条(会員の義務)

会員は、本会が定める会則を遵守するものとします。

■第10条(会員資格の譲渡)

会員資格はいかなる場合も他人に譲渡することはできません。

■第11条(禁止事項)

会員は、次に掲げる行為を行なってはいけません。

1. 本会が会員に提供する情報を不正に使用し、又は他の利用者や第三者に使用させること。
2. 本会の提供するサービスを会員の業務目的以外の用途に使用すること。
3. 本会の提供するサービスを違法行為もしくは違法行為と思料される用途に使用すること。
4. 本会の提供するサービスに、虚偽の情報を提供すること。
5. 本会及び本会の会員を誹謗・中傷する行為。
6. 本会の運営を妨害する行為
7. 本会と類似もしくは競合する事業ないしシステム運営を行なうこと
8. 会費滞納
9. 上記以外に本会が認めれないと判断した行為。

■第12条(除名)

会員が本規約及び第9条に定める義務を怠り、本会が履行もしくは中止、是正を求めたにも関わらず会員がこれに応じない場合、当該会員に対し除名の処分をすることができます。

■第13条(会員資格の喪失)

会員は、次の事由により退会となり、その資格を喪失します。

1. 退会の申出を行い、本会がこれを認めた場合。
2. 除名された場合。
3. 会員が死亡した場合。
4. 破産、会社更生、民事再生、その他これに類する申立てをされ又は自ら申立てたとき。
5. 他の会員、本会、運営会社又は第三者を誹謗中傷する行為及びその虞れがあると本会が判断したとき。

■第14条(退会について)

会員は本会の退会を希望する場合、運営事務局に書面にて退会届(書式は自由)を提出するものとします。このとき、既に支払われた会費については、返金されないものとします。退会を希望する場合、退会を希望する 2か月前までに書面にて運営事務局へ通知するものとします。

■第15条(本会の廃止)

本会は、天災、地変、法令の制定・改廃、行政指導、社会情勢の変化又は本会の都合により必要と認められる 場合には、サービスの一部又は全部の利用を制限し又はこれらを一時休止もしくは廃止することができます。 本会は利用者に対して賠償の責任を負いません。

■第16条(個人情報の扱い)

 本会は、会員の情報を厳重に取り扱うものとし、PAQ にかかる活動目的においてのみ利用するものとします。 詳細については「PAQ個人情報保護方針」に従います。

■第17条(責任の範囲)

本会のサービスにおいては、責任を持って取組む会ではございますが、本会に報告のない会員同士の当事者間での取引には責任を負わないものとします。

■第18条(準拠法)

本規約は日本国法に準拠し日本国法に従って判断されるものとし、本規約に関する一切の紛争に関し訴訟を提起する場合は、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

■第19条(本規約の変更)

本規則を変更しようとするときは、理事会の決議を経なければならないものとします。

ページTOPへ戻る